読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いよいよ明日手術

闘病
出術である。
人生初となる手術である。
もちろん全身麻酔なので、痛みを感じるのは目が覚めてからだろう。
現実は気持ちの問題だと思う。
と思い込もうとしても、やはり怖い(T_T)

とにかくもう逃げられないので、やるしかないのである。
でも正直、30%ぐらいの気持ちで失踪してもと思っている自分が間
違いなくいる。
病室は、¥1,000円加算で二人部屋にしてもらった。
ってか安くない?
流石に個室の¥10,000円は無理っす。

先程、担当の先生より明日の手術の説明が終了した。
自分の場合は、発症してから1年ぐらい立つ。
そんなに良く耐えたなぁ、と言うのが心からの思いである。
自分を褒めても良いと思う。
それぐらい大変な状況であった。
こんなことなら、早く手術とも思ったがそれはやはり結果論だろう。
しかも手術して治る保証はないのであるから、今でも手術は絶対に
避けたい。
しかし、現実日常生活も仕事も出来ないので、どうしようもない。

明日どういう結果となるかは、本当に解らない。
15時30分開始予定である。
本来は13時だったのだが、順番をずらしたそうである。
13時からの人はお爺ちゃんで、緊急事態に備えて余裕を持ちたいと
のことである。
体力も無いとのことだが、おい待ってくれ! 俺は体力どころか、筋
力も無い。
お爺ちゃんと条件は全く一緒だぞ!
 心で強く叫んでいた。