グラスホッパーを読んで

伊坂氏の本は独特な世界観があり苦手な著者でしたが、終末のフー
ルで感想が変わり、好きになりました。


終末のフール (集英社文庫)
伊坂 幸太郎
集英社
売り上げランキング: 16,216


これは独自な世界観が好きで、通常の発想では書けない作品ですね。

今回は殺し屋達と妻を無意味に殺害された鈴木が物語の中で接点を
持ち進展していきます。


それぞれ人物像がリアルに描写してあり、面白い作品だと思います。
伊坂氏の作品が苦手だったのは、世界観に入り込めていなかった自
分の読書力が低いことが原因だったのかもしれません。