読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スティーブ・ジョブズ 神の交渉術を読んで

appleの創業者である、ジョブズ氏については知識が全く無く、こ
の本で勉強することが出来ました。



題名にもある、神の交渉術ですが、たしかに神の交渉術ですね。
どれだけ、世界に彼の様な行動が出来るか疑問です。
文中にもありましたが、人類の敵と言うのが妥当かもしれません。
ピクサー社やトイストーリーが彼の会社なんて全く知りませんでし
た。
彼の成功した現在があるのは、本当に奇跡だと思います。
凡人はもちろんですが、非凡な人でも彼から学べるのでしょうか?

Appleは個人的は好意を抱いてましたが、正直彼のひとなりを垣間
見るとそれも無くなりました。
ある意味、悪魔の交渉術と感じるぐらい恐ろしい手腕です。
人も物も彼に取っては全てが道具なのでしょうか?
どれだけこの著者が正確に事実を伝えているかにもよるでしょうが
、この本を読んで本当にビジネスの世界が恐ろしく感じ、また自分
がコミュニケーションを大事に仕事を行ってきたことが全否定です。
見習うべき事も多々あるのは事実でしょうが、感情的にジョブズ
からは何も学びたくはありません。