読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

椎間板ヘルニア手術 経過

闘病
今日現在(2009/06/26)
ようやく精神的にも時間的にも余裕が出来た。
手術から一週間が経過してのことである。
本当に辛かった。
とにかく無事に手術は完了。
まとめての記載になるが、時系列にまとめてみる。

6月18日
手術当日 麻酔を身体に注入され、気がつくとベットの上にいる。
家族や看護婦に囲まれ覚醒するが、半覚醒状態で子供と奥さんの名
前を呼びつつ記憶が混濁する。
奥様談で、さすがにベットで手術室から出てきた時は涙が出てきそ
うになったとのことだが、その後に続く言葉が印象的だ。
”まだ想ってたんだ” 奥さんは、涙ぐんだ自分が本当にびっくりした
そうです。
俺はその言葉を聞き、涙ぐみました。 ”終わってる”

とにかく手術は無事に終わったようで、俺はまた睡魔の中に落ちる。
手術内容の説明は、家族にあったそうで、ビックリしたのだが実際
にデジカメで撮影した物を使用し説明されたとのことで、両親は”解
った”と早々に戦線離脱したそうです。
流石に奥様はきちんと説明は受けたそうです。
しかし、実際の俺の解体シーンを撮影して見る方の気分も辛いと思
う。
その日の夜は・・・・辛い。
21時ぐらいに目が覚めたのだが、それから朝まで格闘。
手術で切った所はもちろん背中なので、痛い(>_<)

一番辛いのは寝返りも不可で、ナースコールの嵐。
手術後、意識が無い状態で座薬を注入されていた様子だが、それも
切れており再度看護師に注入して頂く。
恥ずかしい(-_-)

6月19日
手術翌日 目が覚めると、下半身より管が・・・・おぉ、勝手に排尿
している。
もちろん初めての経験だが、てっきり自分で意識して出て行くのか
と思いきや、尿道直結なので自分の意識とは関係なく袋に溜まって
いく。
また、いまはエコノミー症候群? 
とか言って同じ姿勢では血液の循環が悪くなり最悪死に至るケース
もあるそうで、両足にはストッキング装着され、機械が両足を勝手
にマッサージしている。
それもそれでずっとなので辛い
しかも通常なら絶対に不可だが、恥じらいなど言うどころか思う余
裕も無い。
看護師二人に手早く裸にされ全身タオルで拭かれる。看護師って大
変な仕事ですなぁ。
とにかく手術翌日もやはり体調はかなり悪く、寝たきり状態ですわ。
 話が長くなりそうなので続きはまた後日