読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

椎間板ヘルニア手術 経過パート2

闘病
6月19日 手術翌日
実は翌日の事は、あまり記憶がないのである。
それぐらい頭がはっきりしてない状況だったのだろう。
翌日もだが、とにかく一番辛いのは寝返りである。
どうしても傷口が背中にある為、かならず接触する。
また横になれば良い、とか言う問題ではなく、とにかく辛いのであ
る。

6月20日 手術3日目
すべの世界が変わったと感じた、3日目である。
もちろん寝返りの不便は変わらずだが、ある程度の動きが可能にな
り、ほぼ自力で自由に寝返り可能。
また、歩行器を使用しての移動も可能で朝一で、尿道に刺さってい
る線を抜いてもらう。
これに関しては精神的に痛いが、物理的には皆無とは言わないが、
痛み度合いは低い。
抜いた後の、初めてのオシッコ。
こんなにオシッコが気持ちいい作業とは初めて知った。
ここ何日は、勝手に袋に溜まっていた状態なので、オシッコをした
と言う感覚は全く無い。
とにかく全快である! 状況的にも、3日目ともなれば精神的にもか
なり余裕である。

6月25日 手術7日目
少し日付は飛ぶが、術後7日で抜糸である。
ホッチキスの様な物で止めているそうで、全部で12針? だそうで
ある。
それは一気にはとれないそうで、今日半分抜糸し、明日残り半分を
抜糸するそうである。
抜糸の痛みも予想ほどではなかったが、やはり痛い。

6月26日 手術8日目
昨日の残りの抜糸作業実施。
昨日ほどの痛みは伴わない。
慣れたんだろうか・・・・。 正直、いま現在は歩行器も不要で、早
歩きも可能状態まで回復。
恐らく日常生活には、即戻れるだろう。
でも、もう会社も休みを取っているので、このタイミングでゆっく
り英気を養う。

6月27日 手術9日目
基本完全回復でしょう。
歩行器不要手術跡も痛みはあるが、大幅に軽減。
後はリハビリ全力投球です。
肝心の椎間板ヘルニアの調子はどうかと言うと、まず痛みは、ほぼ
ありません。
しかし、何かの拍子で、痛みが走ります。 
痺れもありますが、こんなのは今までの苦しみから考えたら無いに
等しいです。