読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

琴子

闘病
いたずらなキスに登場する琴子。 

残念ながら作者が急遽亡くなると言うことで、連載中止になったの
だが未だに大ファンである。

その漫画で登場する琴子だが、看護婦になるのだが凄いドジばかり。
この病院にも琴子を超えるキャラがいました。
最初はむろん、変な人ぐらいの印象だったのだが確信に変わる。

最初の出会いは冷蔵庫である。
冷蔵庫が全く冷えないのである。
仕方なく看護師に相談するが、見もしないで、ゆっくり冷えますか
らと説得される。 
しかし2日経過してもゆっくりどころか、熱くなっているのである。
この季節にこの状態は命取りである。
後日、流石に命がかかってきたので別の看護師に相談。

えっ? ゆっくり冷えるって普通に意味が解らないんですけど! 

本当に申し訳御座いません、すぐに対応しますと、迅速に対応して
もらい冷蔵庫は交換処理で解決。
おぉ、冷えるよこれ! 

その看護師が、一言。 意味不明な、ゆっくり冷えると言ったのは、
眼鏡かけた、太った娘? 

その時は記憶がなかったので、良く解りませんと返答。
しかし、それが悪夢の始まりだったのである。

手術前に点滴になるのだが、彼女が来た!

第一声は、これ手術用なので痛いですよ。
針が太いことを賢明にアピールしているのだが、俺としては不安が
募るばかりである。
しかも、彼女の手が小刻みに震えている。
エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?

数々のブロック注射を乗り越えた俺が、たかが点滴ごときで悲鳴を
上げた。
点滴の針はもちろん失敗。
俺は真顔で、これは手術を受ける為の試練かと、真剣に聞くと彼女
は、そんなことはありませんが、患者さんに良く言われますと笑顔
である。
二回目も失敗。
失敗の後の一言がさらに不安になる。
後、二回失敗失敗したらベテラン看護師を呼びますと笑顔。
多分、後二回もあれば大丈夫だと思います。
いや、益々意味が解らない。
結局4回目で成功。
しかも、私も点滴の経験は決して少なくはないのですが、明らかに
スピードが速いのである。
普通は、ポタポタと落ちるのだが、明らかに垂れ流し状態ですわ。
本当に心臓が、高鳴ってきて俺マジでヤバイと思い、迷わずナース
コール。
別のしっかりした仲の良い看護師が、飛んできて俺は言葉に出来ず
ただ点滴を見つめる。

状況を瞬時に把握し、丸い歯車みたいなので調整。
俺もそれは理解していたのだが、本当に心臓がハカハカして、マジ
パニック。
速効、琴子が怒られるのは言うまでもないが、えへ、ごめんね 
って おい!!!!!!

マジで、ごめんめって言うんだよ!こんな状態で、俺はどう戦えと
言うんだろう・・・。 マジ手術が怖い