福島原発の真実を読んで

なんとなく本屋さんで見て購入しました。



正直、この本を読むまで福島県知事の事件は忘れていました。
内容は原発の事故の件では無く、事故前、知事時代の原発を取り巻
く一連の経緯の話でした。
この本に書かれている事が事実なら本当に恐ろしい事です。
Σ( ̄ロ ̄|||)
日本崩壊ですね。

何が真実かは判断出来ませんが、事実と仮定すると本当に日本の官
僚は終わってますね。
また、この事件の真相は絶対に語られる事は無いと思う。
権力や地位は怖い。
しかし九州電力の不正メール事件を見ても一体何を守ろうとしてい
るのだろう?
国民を守ろうとする人はどのくらいいるのだろうか?
日本は出る杭は打たれる国なんでしょうね。
原発の問題と言うより、日本の問題提起の本として読んでみても良
いかと思います。
最近の日本のマスコミも問題だと思う。