Twitter社会論 新たなリアルタイム・ウェブの潮流を読んで

Twitterに興味を持ち、使い方はもちろんですが背景や位置付けを知
りたく読んでみました。


この本を読んで、こんなにも世界的に影響を与えていることにビッ
クリしました。
またGoogleとの情報の考え方の違いも言われると、成る程と思いま
すね。
Googleは万人が求める情報が常に上位に来ており、それが当たり前
であり適正だと思っていましたが、実際に不便も感じていました。
今の情報では無いんですよね。
下手すると、3年前だったりして困るケースがあります。
しかしTwitterであれば、情報は最新でリアルです。
もちろん絶対的な情報量は足りませんけどね。

残念なのは、著者の伝えたい言葉が私には伝わりませんでした。
巻末に、勝間さんとの対談もありますが、何を伝えたいのか解りま
せん。
Twitterが世界的にどういう形で使われ、今に至ったかの簡易解説本
ですね。
もう少し著者の考えや言葉を伝えてもらうと良かったです。